ホーム > 勉強全般について > ヤフオクとかで公認会計士の講座セットを買う時の注意点

ヤフオクとかで公認会計士の講座セットを買う時の注意点

ヤフオクとかで中古の公認会計士講座のテキスト一式とかが売られています。

公認会計士講座の撤退組みがヤフオクで売り払っているのかな?
でもそれにしては売られている数が少なすぎるような。

TACや大原など大手の公認会計士講座のコースに申し込むと、
60万から80万円くらいかかります。

ヤフオクで買えば通常の講座料の3分の1くらい(20万円くらい)の価格でテキスト一式をそろえることができます。購入を考えている人へ注意点をいくつか書いておきます



最初に結論から言ってしまうと、
まぁ、無難に中古はやめとけ。

ということになります。



チェック項目

・1~2年前のものを選ぶ

たとえば2010年合格目標を目指す人は、2009年か2008年目標のものを選ぶ。2009年のなんてまだヤフオクに売ってないので、事実上2008年目標のものになる。

古ければ古いほど、
古い内容が倍増し、
新しい内容が抜けていく。

ボーダーラインは2年前まで。



・DVD(映像)がついてくるものを選ぶ

テキストだけでは役立たずです。

大原の例ですが、
テキストにややこしく説明が書いてあり、
講師の人は違うわかりやすい解き方を説明する。

なら最初からテキストにそのやり方を載せろよ!
とか言いたくなりますが、まぁ“何か”に対する嫌がらせなのでしょう。

テキストにはトラップが仕掛けられているので、
DVD(映像)が必須です。



・基礎,入門編は中古でもOK、応用,上級レベルへの対策は厳しい
(僕はまだ会計士講座の通学6ヶ月後の人だから下記の内容は知識不足かも)

基礎,入門とかの内容なんて短期間では変わりようがないんです。

ただ、その反面、
中古では応用,上級レベルでの対策は厳しい。

去年出た試験内容や今年の試験委員の傾向を見て、
テキストや問題が組まれるはず!(組んでるよね??)

中古だと傾向を無視することになる。






僕は通常の会計士講座に申し込む前に、
ヤフオクで中古の公認会計士講座セットをチェックしていました。

でも何が何だかよくわからないし、
そもそも中古のわりに値段が高かったので中古で勉強する案は却下となったとさ。




ちなみに僕は2010年入門1.5年コースで
63万5000円くらい払いました。(僕の葬式代がなくなってしまいました)

授業時間で割ってみると、
1時間当たり800円ちょっと払っていることになります。

学校の自習室も多少不満はあるけど慣れれば慣れるし、
学校に行けばお気に入りの女の子にも会えるしさ!(1/2冗談)


まぁ、あれだよ。

やっぱ勉強は疲れるので少しでも脳をごまかすために
お気に入りの女の子を作るのが有効だと思うんです!

あの女の子、いつも長い時間、勉強がんばってるなー、すごいなー、とかとか。
がんばっている女の子が好きです。





公認会計士講座のテキスト類を全部積み上げると、
1.5mくらいになるらしいです。


簿記1級に突撃します。(勝算4-5割)

日商簿記3級を取るのにお勧めのテキストと問題集
最新の日商簿記3級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記2級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記1級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の短答式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の論文式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://kouninkaikeishi.net/%e3%83%a4%e3%83%95%e3%82%aa%e3%82%af%e3%81%ae%e8%ac%9b%e5%ba%a7%e3%82%bb%e3%83%83%e3%83%88/trackback
トラックバックの送信元リスト
ヤフオクとかで公認会計士の講座セットを買う時の注意点 - ゼロから始める公認会計士への道 より

ホーム > 勉強全般について > ヤフオクとかで公認会計士の講座セットを買う時の注意点

メタ情報

ページの上部に戻る