ホーム > 基礎知識(いろは) > 公認会計士の給料

公認会計士の給料

最初450万前後、
3年目ぐらいで600万くらい?
6年くらいで800万円くらい?

適当に言ってみました。

実際のところよくわからないし、
食べる分と何らかのスタートアップ資金を貯められるくらいお金をもらえれば、
給料に関してはあまり興味がなかったりします。


僕の場合公認会計士の給料よりも、
業界に潜むスキルを身に着けるのがメインターゲットです。

公認会計士の地盤を手に入れる。へへ。



公認会計士の給料っていくらなんだろうと、
ちょっと調べてみました。


公認会計士って実はあんまり儲からない?



すごくネガティブな内容が書かれています。


公認会計士っていうと、
ポジティブな内容ばかりの記事が多くて、
それもそれで胡散臭いんですが、


これは、いかんせんネガティブすぎだったりします。



なんというか、
堕ちた時の理由にはもってこいですよ。


上のサイトを要約すると
公認会計士という肩書きで将来安泰できる時代は終了しました。
だから価値はありません。



そんなの知ったこっちゃありません!



ただ、僕が懸念していた今年と来年は公認会計士の試験に合格しても監査法人に就職できないヤバイ雰囲気が出ていましたが、


さすがに金融庁もバカではないらしく

平成21年度の試験を難化させ、
合格者数を絞るっぽいので少し安心していたりします。


公認会計士の一般的な仕事をそつなくこなせる時点での、
公認会計士としての付加価値は給料800万円分。




手に入れたいのは公認会計士の頑丈な基礎力とお金の視点。




へふー、大手監査法人に入りたいなー。

上場会社の監査が出来れば、
大手じゃなくても別にどうでもいいんですが、

現状では、大手が監査を独占中。


中堅ってどうなんだろう?






まぁ、しかし何ですね。

公認会計士試験に受かってから言え!
(もしくは受かりそうになってからだよ!)

日商簿記3級を取るのにお勧めのテキストと問題集
最新の日商簿記3級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記2級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記1級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の短答式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の論文式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://kouninkaikeishi.net/%e5%85%ac%e8%aa%8d%e4%bc%9a%e8%a8%88%e5%a3%ab%e3%81%ae%e7%b5%a6%e6%96%99/trackback
トラックバックの送信元リスト
公認会計士の給料 - ゼロから始める公認会計士への道 より

ホーム > 基礎知識(いろは) > 公認会計士の給料

メタ情報

ページの上部に戻る