ホーム > 勉強全般について > 公認会計士講座で成績上位陣に入るための勉強方法

公認会計士講座で成績上位陣に入るための勉強方法

本当は公認会計士試験に合格するための勉強方法としたいところですが、
実際問題、まだ手探り中なのでわかりません。

とりあえず、公認会計士講座で成績上位陣に入るための勉強方法を載せておきます。



現在の状態:
公認会計士講座(生徒数100人~300人)の中でトップ10%~15%内に入る感じ



勉強方法

・授業
授業中に理解する。基本的なことが中心になるので授業中に内容を理解することが可能です。能動的に授業を聞くとか、そんなに気を張らなくても、ある程度集中すれば、それほど苦労せずに理解することができます。


・授業後の復習の仕方
授業の次の日に授業中でやったテキストを一通り眺めて頭の中で再整理します。30分から1時間程度時間をかけます(平均すると40分くらい)。ちなみに授業のその日のうちに復習しろという輩がいますが、僕は無視します。

テキストを一通り眺め終わったら、問題集の個別問題に手をつけます。
個別問題には、授業中でやった内容の基本~応用的な問題が網羅的に出題されます。授業1回の範囲内を終わらせるのに1時間から5時間(平均すると3時間弱)かかります。

問題を解いたとき、問題文もしくは解答用紙の横に日付、そして答えが合っていた場合はOK、間違っていた場合はチェックマークを記載します。

初めて解く問題の場合、答えが合っていても間違っていても、答えを消しゴムで消します。

記載した日付から1週間~10日くらいたったら、もう一度問題を解き直します。 そのときに、答えが合っていて、違和感もなければ、答えを消さずそのままにします。 間違っていた場合、違和感がある場合は、答えを消してまた1週間くらいしたら解き直します。

基本的に、個別問題を2.5回転くらいします。



これで平均点、もしくは平均点より少し良い点を取れると思います。
勉強時間で言うと、1日3時間弱くらいです。

ここまでなら内容的にも、そしてストレスの観点からも難しくないので、
働いている社会人でもこなせます。





問題は次です、
次を攻略するかどうかで勝負が決まります。


巻末問題、またの名は奇知外が作った総合問題(←命名、僕)

総合問題とは複数の個別問題の組み合わせから成り立ちます。
(管理会計の総合問題はマジでしゃれになりません。)


総合問題を1つ解くのに60分~90分かかります。
問題文だけをとってもA4サイズで2ページから4ページにわたって条件設定がずらずらと記載されています。

平均すると1回の授業につき1つの総合問題が出される感じのペースになります。


まず最初、
普通に解けません・・・。

30分くらい問題とにらめっこして、
答えをとりあえず埋めて見ますが、
こんな答えが合っていようはずはないので、
そうそうに諦めて答えを眺めます。

うわー、こんなふうに解くんかよー!
みたいな感じで第一回目の挑戦は終了。


で、1週間くらいたった後に再び解きます。



うーん、
たしかこんな感じで言っていたような・・・??


と前回よりは試行錯誤して踏み込んでがんばります。
かなり答えに近づきますが、それでも間違えます。



それから5日後くらいに、再びチャレンジ!
挑戦3回目で内容の8割以上は解けるようになります。



当たっては砕けて当たっては砕けてを繰り返すのが、総合問題です。
テキストを眺めたり、個別問題を解くのと比べものにならないくらい精神的負荷がかかってしまいます。

1日2時間弱くらい総合問題にかかります。



個別問題で勉強していた内容を一つにまとめ上げるのが総合問題です。

個別問題だけの勉強では、それぞれの問題の関連性の結びつきが希薄な状態のままになってしまっています。

総合問題で個々の問題の関連性を把握することができるので、個別の内容をより深く理解し関連性をつかむことができるようになります。 ようは、より思い出しやすくなり早く解けるということ。 試験では解くスピードが大切になるので、関連性を味方につけるのは必須です。


ちなみに僕は、総合問題を2.5回転くらいしています。





とにかく毎日コツコツやっていくことです。

昨日8時間勉強
今日0時間
とかではなく、


昨日5時間
今日5時間
明日5時間


毎日コツコツコツコツです。


勉強の優先順位は、

1 前回の授業のテキストを眺める(時間がなければ、足早に)
 ↓
2 個別問題(1回目、必須)
 ↓
3 総合問題(1回目、必須)
 ↓
4 個別問題(2回目、時間がなければ1回目で間違えた箇所、気になる箇所のみ解く)
 ↓
5 総合問題(2回目、必須)
 ↓
6 総合問題&個別問題(間違えた問題を解く、時間がなければ足早に確認するだけ)

上にあるやつから叩く叩く叩く。

1から6を漏れなくやる場合、1日6時間くらい自主勉が必要ですが、
必要最小限でいくなら1日4時間弱くらいでなんとかなります。

ちなみに1日3時間だけでは無理だよ!





以下、蛇足。

僕の総合問題の完成度は8割ちょっとです。

1日の勉強時間をあと1時間増やせば、
完成度を10割近くにすることができそうですが、
今のところ少し手を抜いています。


テストで100点を目指しているわけではないので、
正直どの程度勉強したものか計りかねています。


公認会計士試験のトップ合格の人とギリギリ合格した人との中間くらいの成績になるような勉強量、
ようはある程度安全に合格できる程度の勉強量にとどめておきたいんですが、
うーん、どの程度が適量なのか、どうにもつかめません。



実際のところ1日5時間弱しか勉強していないので、
なんだかなー、な気分です。





公認会計士試験はかなり簡単になっている気がします。
でも、そうはいっても社会人の人は大変そうです。

クラスについていくことや、
平均点もしくは平均点よりも少し良い点を取れるのはできると思いますが、
それ以上の合格レベルに達するような勉強をするのは社会人にとっては激苦痛だと思います。


無職(お金あり宿あり)で8ヶ月で合格する困難度=普通の社会人が2年で合格する困難度


まぁ、人と比べても仕方ないので、
今ある力を振り分けつつがんばろー。

僕には勉強以外でがんばらないければならないことが・・、
特に収入ー、それと何か人を引き付けるものを作ること。

ラリホー。

日商簿記3級を取るのにお勧めのテキストと問題集
最新の日商簿記3級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記2級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記1級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の短答式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の論文式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://kouninkaikeishi.net/%e6%88%90%e7%b8%be%e4%b8%8a%e4%bd%8d%e9%99%a3%e3%81%ae%e5%8b%89%e5%bc%b7%e6%96%b9%e6%b3%95/trackback
トラックバックの送信元リスト
公認会計士講座で成績上位陣に入るための勉強方法 - ゼロから始める公認会計士への道 より

ホーム > 勉強全般について > 公認会計士講座で成績上位陣に入るための勉強方法

メタ情報

ページの上部に戻る