ホーム > 勉強の歴史1 > File.005 冬休み、日商簿記3級と2級の過去問で特訓!

File.005 冬休み、日商簿記3級と2級の過去問で特訓!

資格の学校にも冬休みというのが3週間弱あります。

講師の人が言うには、
この冬休みで日商簿記3級と2級の過去問題をたくさん解いて、
計算力や集計力をつけておくといいですよ。

とのことです。



ということで、従順な僕は冬休みの間に、
日商簿記2級の過去問15回分を全部解くことにしました。


あ、全部といっても設問1はやっても意味なさそうなので飛ばします。
4問×15回分だから合計60問あります。


6問終わっているから、残り54問。

1問20分弱かかったとして、
合計1000分くらい、15時間くらいかな?


簿記3級は模擬試験と最新の過去問だけ持っているんですが、
どうしようかな?

といったところです。
とりあえず模擬試験だけやってみましたが、
100点中、100点だった。


仕訳がやたらと時間がかかったけど、
特に何か勉強になったという気分にはならなかったよ。

最新の過去問をやってみて、
簿記3級の過去問題集を買おうかどうか考えることにします。




なんで、こんなに問題を解こうとするのかというと、
主な理由は、未だに単純な計算ミスをしてしまうからです。


数字の移し間違え、
問題文の10,000を1,000にしてしまったり、
自分で書いた9を4と見間違えたり。

問題文の意味を読み違えたり。

電卓を叩き間違えていたり。

簡単なやり方を間違えていたり。



とにかくケアレスミスの割合がかなり高いんです。

その割合を少なくするには、
問題を多く解いて簿記に慣れるしかないと思うので、
日商簿記3級と2級の過去問で特訓!

それと問題を解くスピードと正確さを上げたいので、


というわけです。



それと今まで公認会計士の講座でやってきたことを総復習もする予定です。
主に、今までに宿題で出された問題を最初からやり直しといった所です。

1週間くらいかかるかなと思います。




あと講師の人が言っていたのですが、


簿記2級を持っている人で構成した公認会計士のクラスでのことですが、

最初のテスト(授業を始める前に行った簿記2級の過去問)で点数が悪かった人(30点前後)は、
いつまでたっても平均以下をうろついているそうです。

逆に、最初のテストで70点以上取れている人は、
いつまでたっても上位陣にいるそうですよ。


関係性は微妙ですが、
簿記は基礎が大切!といったところでしょうか?


僕も実のところ基礎の部分を恐れているので、
結構な勉強時間を簿記2級までの内容に割り当ててしまっています。



来年の2月にある簿記3級と簿記2級の受験を申し込みました。

できるだけ受けてもらいたいという感じのことを講師の人が言っていたので、
素直に受験することにしました。

受験料が7000円ー。
お金がパタパタ飛んでいくよー。きゃー。

日商簿記3級を取るのにお勧めのテキストと問題集
最新の日商簿記3級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記2級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記1級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の短答式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の論文式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://kouninkaikeishi.net/%e6%97%a5%e5%95%86%e7%b0%bf%e8%a8%983%e7%b4%9a%e3%81%a82%e7%b4%9a%e3%81%ae%e9%81%8e%e5%8e%bb%e5%95%8f/trackback
トラックバックの送信元リスト
File.005 冬休み、日商簿記3級と2級の過去問で特訓! - ゼロから始める公認会計士への道 より

ホーム > 勉強の歴史1 > File.005 冬休み、日商簿記3級と2級の過去問で特訓!

メタ情報

ページの上部に戻る