ホーム > 勉強の歴史3 > File.029 平成22年公認会計士短答式本試験、当日の様子と結果まで・・・ パート1

File.029 平成22年公認会計士短答式本試験、当日の様子と結果まで・・・ パート1

2009年12月13日、

僕は明治大学 和泉キャンパスで、
平成22年公認会計士短答式本試験
を受けてきました。

(とても長文になってしまっています。。)



朝7時20分に起床、

お仕事をチョコっと片付けて、
カレーを少し食べる。

野菜ジュースを100mlほど飲む。

テスト中にトイレとか行きたくなったらヤバイので、
今日は飲み物はかなり控えめにすることにする。




朝8時20分に家を出て、
明治大学 和泉キャンパスへ向かう。


リュックにテキスト等を詰め込む。
計7キロくらいの分量。

荷物の重さはチキンハートの度合いに比例する。





渋谷まで行って、
そこから井の頭線で明大前まで行く。

昨日、家でチェックしていたとき気になった点、
「持分法適応会社の時価発行増資の持分変動差額の処理は、
特別損益での処理のみが認められる」

という、自分がノートに書いた記述がおかしいので、
渋谷の大原のロッカーに置いてある問題集を見るため、
一度、大原に立ち寄ることに。

あと、除却資産の処理で変な問題の解き方を忘れたので、
その問題と解答もチェックしようと。



朝9時10分、渋谷の大原に到着。


自習室や休憩所にはさすがに、
見知った顔はいなかった。
(もともと朝9時なんて人はほとんどいないけどー)


チェックする。

「持分法適応会社の時価発行増資の持分変動差額の処理は、
特別損益で処理するのが基本だけど、利害関係者に誤解を与える場合は、利益剰余金に直入することが認められる」


ノートに書いたことが間違えていた。

除却資産の処理で変な問題の解き方もわかったので、

朝9時25分、
大原を出て、(トイレも済ませて!


明大前へGO!



朝9時45分くらい。

少し迷いながら明大前に到着。




明大前の駅を降りてから、
キャンパスに入るまでの応援団がスゴかった。。。




大原の先生だか何だかがワラワラワラワラいて。


がんばってください!
がんばってください!
がんばってください!
がんばってください!
がんばってください!
がんばってください!
がんばってください!





・・・

怖かった。



TACの人もいたけど、
大原の印象がカナリ強い。






LECの直前チャックを配っていたので、
それをもらって眺めてみる。


普通に知らないのがあった。






キャンパス内に入って、
張り紙(2箇所においてある)

を見て、自分の教室を確認。


教室へ向かう。




教室に到着


机の広さは十分にあった。

違う教室では、
机の広さがこの半分くらいのところもあったので、
僕はラッキーだと思った。



一時限目は企業法。

企業法のマイノートを広げて、
ぺらぺらめくってみる。

僕のノートは他人が見れば暗号化されているような状態。

圧縮記帳がされている。




まぁ、いまさら眺めたところで大して変わらないけど、
僕は鶏ハートなんだもん。



試験30分前、
とりあえずトイレに行く。


試験20分前(着席時間)
注意事項が述べられ、問題が配られる。


なぜか身分証明書にパスポートを持ってきていた僕。

身分証明書いりません。
受験票だけで受けられます。

話は違うけど、いい加減、車の免許ぐらい取ろうかと思う。
いや、まぁ会計士試験が終わってからだけど。



試験はマークシート形式。

試験が開始されるまでは、
自分の名前すらマークシートに書いてはいけません。


企業法の試験スタート(10時30分)

場所:関東(関東にマーク)
受験番号:6桁、6桁にマーク(たしか6桁)
名前とフリガナ

以上を記載して、問題に取り掛かる。



・・・・


いきなりわからないのが出てきた。


(正しいのを選べ)
ア.小商人は、その商号に登記をすることができない。
イ.個人商人は、数個の営業を行う場合でも、1個の商号しか用いることができない。
ウ.商号の譲渡は、営業の譲渡とともにする場合又は営業を廃止する場合に限って、認められる。
エ.商号の登記をした個人商人が、正当な事由なく2年間その商号を使用しないときは、商号を廃止したものとみなされる。



イの×は確定。

ウはおそらく○だろうと思われる。商号の単独譲渡はできないけど、営業を廃止した場合、商号の単独譲渡にはあたらなくなりそうなので、商号の譲渡はおそらくできそうな気がする。


アとエ、見たことない。。。

エは論外でまったく知らない。

ただ商号の失効なんていうのが2年程度で起きるとは考えにくい。


ただ、アもまったくわからない。


しかも答えの選択肢にはアウとウエがある。

2年程度で商号が失効するとは思いにくく、
小商人は商人じゃないっぽいから商号もキツイのか?


ということで悩んだ結果、アウを選択。

(結局正解だった、ちなみに小商人は商人だけど、商号等の規定は適用されないとのこと。。そんなの知らないよ!



こんな感じで、ほとんどの問題で、
確定できない選択肢を選んでいった。

自信を持って解答することができなかった。





一時限目、企業法終了。(11時30分)



二時限目の管理会計と監査論まで、
休憩が1時間30分ある。


コンビニへ行って、
おにぎりを2つ買う。

ちなみに、
梅干と昆布


本当は食欲なんてなくて、
食べたくないけど少し無理しておにぎり(梅干)を1つ食べる。


ペットボトルのお茶を少し飲む。


テストの結果を話しあっている人の会話から逃げつつ
廊下をウロウロする。



とりあえずトイレにも行く。


ちなみにトイレはいつもかなり混んでいる。



大原の模擬試験と短答式試験問題の財務会計の理論問題が解き切れていなかったので、
休憩時間中に解く事に。



・・・・


正直、わからないのが多すぎ。。。


僕の中では、試験結果は財務会計次第だと思っているので、
かなりヤバイ気がするけど、もうあれだ、、どうにか・・・。




監査論のマイノートを広げて、
ぺらぺらめくってみる。

あいかわらず、僕のノートはぐちゃぐちゃ。






試験20分前(着席時間)
注意事項が述べられ、問題が配られる。

試験10分前から4分前くらい、
お手洗いに行きたいという人が3人ほど出てくる。

試験官はへきへきしている様子だった、(へきへきではなく、へきえきだった)




管理会計論と監査論の試験スタート(13時00分)

スタンダードに監査論から解く。



管理会計論と監査論、合わせて2時間の試験。

通常、監査論を最初の30分ちょっとで解いて、
残りを管理会計論に使うのが通常の戦い方です。



監査論で
わからない文章がぼつぼつ出てくるのはいつものこと。


なんとか全て解き終わるも、
42分~43分ほどかかってしまった。


ちなみに42分~43分という時間は、
管理会計に必ず1問、下手すると2問の穴を開ける大きさの時間のロス。


管理会計は理論問題を最初に解いてから、
計算問題を解く。


理論問題は、いつもと同じくらいの難易度。


ただ、計算問題で大パニックを引き起こした。。。



解けそうで解けない2つの問題に時間を使ってしまい。
時間を大量消費(20分ロスト)。。

しかも悪いことに、その問題2つとも間違えた・・。




二時限目、管理会計論と監査論の試験終了。(15時00分)



管理会計論、オワッタ。。


下手すると4割を切って、
一発アウトを食らう可能性さえある。。

1科目でも4割を切ると、
他がどんなによくても試験に落ちてしまいます。



次の財務会計論の試験まで、
1時間の休憩時間。

食欲はないけど
おにぎり(昆布)を1つ食べる。

ペットボトルのお茶を少し飲む。


廊下をウロウロする。


管理会計の問題について、
話をしている人を見て、
僕はコソコソ逃げ出す。


そして、とりあえずトイレに行く。





テスト30分前、
机にへばりつく。


脳みそが少しヒートアップしているので、
少しでも空冷させようと・・・。







試験20分前(着席時間)
注意事項が述べられ、問題が配られる。

腕を伸ばしたり、
指をぐりぐり回してみたり。

落ち着きがないのが僕。


管理会計で致命傷を食らっている気がするけど、、
財務会計で何とか


ちなみに直近の財務会計論の試験結果

・大原の短答4回目 85点/200点
・大原の模試 89点/200点
・TACの模試 92点/200点



・・・。

自信がなかった。。





財務会計論の試験スタート(16時00分)

理論問題から解く。


スラ、

わからない・・・、


スラ、

スラ、

スラ、


???



あれ、理論問題が割りとスラスラ解ける。





大原の模擬試験と短答式試験問題の財務会計の理論の難しさと比べたら、
何だろこれ? 苦手だった、理論が簡単なんだけど。。

みたいな感じで解けた。



計算問題に着手。



リサイクリング
スラ、(ひっかけがあるのか?)


減価償却
スラ、(少しだけ面倒だけど、何をやらせたいんだ?)


社債利息
スラ、(簡単すぎて問題を出している意味がわからない)


分配可能額
スラ、(あ、復習しようとしていて忘れたところだ、だけど何か簡単。。


利息区分法
スラ、(よくわからないけど、予想して解いていったら答えがあった、ひっかけがあるのか?


ストックオプション
スラ、(げ、簡単すぎて、ひっかけがあるのかと、計算過程を洗い出してしまった


リース会計
わからない、(逆算と推定値で大体の答えをはじき出した


退職給付
スラ、(解いたことのない形式だけど、指示通りに進んでいったら答えがあった、ひっかけがあるのか?


ソフトウェア
少し悩んでスラ、(最初変な解き方をして悩んで、初心に戻って丁寧に解いたら答えがあった。ひっかけがどこかに転がってない?


一時差異
わからない、無理。好きな数字を選んで次の問題へ進む。


総合問題1、主に決算整理 (試験時間、残り1時間)
見た目、何が何だかよくわからなくなる。 少しずつ丁寧に解いて答えをはじき出す。当期純利益が答えと合わなかった。。。やばいどこかに引っ掛けが存在している可能性大だ・・。急いで調べるも、見つけだすことができなかった。



総合問題2、企業結合 (試験時間、残り25分)

・・・・。

恐れていた自体が発生した。

今回は連結会計の改正の変わり目に入っているので、連結が出しづらい。
もしかしたら総合で企業結合がくる可能性があると思い、
試験前日に、企業結合の総ざらいしてみていた。

それでも企業結合はしっくりこない。

復習しても、結局しっくりこなかった。


総合問題2の問題では、
企業結合がグチャグチャになっていて判別が困難になっている。

何とか、取れそうなところを落としていき。
見た感じ、何かしらの数字は出そうだけど、計算なんかできない問題が2つ出てきた。

どうせ考えても無理そうなので、
その2問は捨てて、好みの数字を選ぶ。

そして時間が終わった。


財務会計論の試験終了(18時00分)



一番乗りで、
キャンパスから出ていく。


キャンパスの出口で
大原やらTACやら、その他いろいろな人が、

おつかれさまです!!!!
おつかれさまです!!!!
おつかれさまです!!!!
おつかれさまです!!!!
おつかれさまです!!!!
おつかれさまです!!!!
おつかれさまです!!!!
おつかれさまです!!!!
おつかれさまです!!!!
おつかれさまです!!!!
おつかれさまです!!!!
おつかれさまです!!!!
おつかれさまです!!!!
おつかれさまです!!!!
おつかれさまです!!!!
おつかれさまです!!!!
おつかれさまです!!!!
おつかれさまです!!!!
おつかれさまです!!!!
おつかれさまです!!!!
おつかれさまです!!!!




30人ほどが僕に解答速報を手渡そうとしていた。。


怖すぎて、手が出せなかった。
それにくわえて、手を伸ばす気力もなかった。




7キロの荷物を抱えた僕は、
帰りに大原によって、
ロッカーにその荷物を押し込み、


本屋へ向かった。


ライトノベルが読みたかった。
現実逃避したかった。



ちなみにライトノベルのタイトルは、
『僕は友達が少ない』



本屋を2件回ってみたけど、
置いてなかった。



北方の三国志を数冊買い、
家へ帰る。


家路の途中で、
僕の試験結果を予想した。


企業法は80点くらい、(100点満点中)
監査論も80点くらい。(100点満点中)

管理会計は50点くらい? (100点満点中)
でも下手したら40点を切って一発アウトになる可能性が普通にある。。

財務会計論は150点くらい。(200点満点中)



今回のボーダーは普通だと7割。

ギリギリで通るような気がするけど、
管理会計の一発アウトがかなり怖い。。





通常はボーダーは70(合格点が7割ということ)だけど、
どうも合格者数自体を通常よりも絞る可能性がかなり高い。

ボーダーは72くらいと考えないと、
安全ではないと思う。








だらだらと、長文を書いてしまいましたが、
試験結果は次回、発表をします・・。

短答本試験の場合、
試験当日に解答速報が出てしまうんです。




明日と明後日は、
僕は完全に勉強を休業します。

完全に勉強しない日って、
今年の9月21日ぶりなんです。。。

日商簿記3級を取るのにお勧めのテキストと問題集
最新の日商簿記3級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記2級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記1級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の短答式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の論文式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)

コメント:3

匿名 2010年9月17日

短答合格もさることながら、そこに至るまでの思考プロセスとか分析からなんか将来成功しそうオーラを感じます(^^。すごいですね!応援してます。
 僕も今回短答を受けたのですがダメでした。始めてちょうど一年ですが、期限を決めているので次が背水の陣です。上の記事を読んでて気になったのですが、財表(簿記)の問題8.利息区分法、問題14.退職給付、の2つで僕はスラ、とは行かなかったのですが、これは何の差なんでしょうか?定型問題ではないですよね?地頭ならばそこは仕方ないので対策しませんが、基礎力不足等何かしら他に原因が考えられるのなら、次のために対策を打ちたいなぁと思っている次第です。お時間があるときに助けていただければ幸いです。

kyosuke 2010年9月17日

ちなみに、僕は背水の陣ではありませんが、僕の後ろになぜか剣山が控えていたりします。(精神的な意味で)

利息区分法自体が、あまりパターン化されない問題のよう気がします。僕は利息区分法が苦手だったので、利息区分に関する問題を結構繰り返しやっていました。たぶん、それで対応できたんじゃないかなと思います。

退職給付ですが、これは僕も見たことがない問題パターンでした。ただ、法規集か財表の理論のテキストに、従業員から預かった分は費用からさっぴけという文章を見たことがあったので、とりあえずそれに従って解いてみました。自分の答えが選択肢にあり、他にいい考えもないから、それでいいやみたいな感じでした。

何の差かはわかりませんが、僕の場合、苦手なものや危ないものほど優先順位を高くして、優先順位の高いものから、ひたすら叩く作業をしていました。 自分の弱点を把握し、日々弱点を最新の弱点に更新していく、Mチックな勉強をしています。

匿名 2010年9月17日

返信どうもありがとうございます。

僕は得意なものを更に鋭利に尖らせるSチックな方針で攻め込もうと思います(会計士試験で一番やってはいけない方法と誰か偉い人がいってた)。でも、解いた思考プロセスを書いていただいたので非常に参考になりました。

ありがとうございます!

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://kouninkaikeishi.net/%e7%9f%ad%e7%ad%94%e5%bc%8f%e6%9c%ac%e8%a9%a6%e9%a8%93%e3%80%81%e5%bd%93%e6%97%a5%e3%81%ae%e6%a7%98%e5%ad%901/trackback
トラックバックの送信元リスト
File.029 平成22年公認会計士短答式本試験、当日の様子と結果まで・・・ パート1 - ゼロから始める公認会計士への道 より

ホーム > 勉強の歴史3 > File.029 平成22年公認会計士短答式本試験、当日の様子と結果まで・・・ パート1

メタ情報

ページの上部に戻る