ホーム > 会計士試験の各科目攻略法 > 公認会計士、短答式本試験のための勉強方法

公認会計士、短答式本試験のための勉強方法

2009年12月短答の結果
 企 85/100
 監 95/100
 管 55/100
 財 164/200
 合計 399/500 79.8%

こんな感じになった勉強方法を載せておきます。
企業法と監査論くらいは参考になるかと。。

クリスマスの夜にわたって3日間かけて書きました。(わー


まずはじめに、
下記の本から読みましょう!

テキストなんかより断然おもしろいです!


僕は友達が少ない
僕は友達が少ない

とらドラ!1
とらドラ!1

化物語(上)
化物語 上




あ、初心者は間違っても書店とかで探さないほうが良いです。
ロリオタ系(最近のライトノベル)の書棚に置いてあるので。


大原へいく途中の本屋で、
その人生終わってる書棚の前で、
ソードアートという本を物色していたのですが、

うん、この姿を知り合いに見られたら、
どうやって弁解するつもりなのでしょうね?



『とらドラ!』はハートフルな高校生の物語です。
こういった本(ライトノベル全般)を読んだことのない女の子に貸してみたら、
座右の書にしてもらえました。


『化物語』は、冴え渡る萌え?かな?
話のやりとりが絶妙すぎて、ころがりながら読めます。




現在、僕の注目株の『僕は友達が少ない』は、
上記2冊よりも全体的に劣るんだけど、
セナポムエが最高です。大好きです。

友達がいないもの同士で
友達を作るクラブを作ってなんだかんだする物語です。

とある代表的な女の子は、
Air友達のともちゃんを作っておしゃべりしたり
一緒にカラオケにいくくらい友達がいません。



僕もこれにちなんで、

先日の飲み会のときに、
「好きな子いる?」
と聞かれたときに、

Air彼女がいます。

って、答える選択肢があったんです。

このネタを知らない場合、
即死につながる選択肢なので言えませんでした。


ほかには、二人とも大好き(by 生徒会の一存
という選択肢もあったのですが、

ミンチにされても文句が言えないので、
言い出せませんでした。


ライトノベルの世界って、
ほんっと使えないです。

僕に勇気がないだけなのでしょうか?













・・・・




えーと本題に入ります・・・。




短答式本試験のための勉強、

計算がある程度できあがっていることが前提です。


計算(財務会計と管理の計算)を叩き潰したあとに、
理論に全戦力をぶつける。


というのも、理論と比較すると、
計算は力が落ちにくいからです。


理論を叩いたあとに
計算を叩くとどうなるかというと・・、

計算を叩き終わったころには、
理論の内容を忘れている。


計算と違い理論は、
少し気を抜くとどんどん抜けていきます。



計算を粉砕した後、
少ない戦力で計算の戦線を持ちこたえつつ、
残り全ての戦力を理論にぶつける。

8月に計算を総叩きして、
9月から徐々に理論の時間を増やしていき、
11月ごろには理論が勉強時間の8割を占めるくらいにもっていく。


計算を叩き潰したといっても、
やつらはゾンビのように蘇ってくる。

次第に計算のゾンビ軍団に押され始め
計算の戦線が支えきれなくなってくるが、、

その戦線が崩壊する前に、
短答本試験になだれ込む。


これが僕の12月短答のための大まかな戦略でした。
おそらくこれが初受験者にとって時間がない
12月短答の正攻法だと思います。




5月短答の場合は、
論文対策を主点に置きつつ、

短答に特化した勉強を少しずつ用意していくのが良いと思います。









短答対策答練について。

僕はこれを度外視しました。

もちろん試験は受けたし、
復習も1度はしました。


それ以降は、短答対策答練の問題自体の優先度は低くし、
他の(僕にとっての)優先度の高いことをしていました。


短答対策答練の問題は短答の本試験にほとんど出ません。




過去の短答本試験の、
的中問題を見て気づいたのですが、


実質的に、やつらはまったく当てていない・・・。



的中問題はあるんですが、
その問題は受験生の9割は正答しそうな問題ばかりです。

そんな問題を的中したからといってどうなんだと。

正答率5割以下の問題を的中させていたら、
ありがたいと思うけど。


大手予備校の答練の問題を試験委員が見ているという噂がありますが、どちらにしても短答対策答練や模擬試験の問題を完璧にしても使えないと僕は判断していました。

それに短答対策答練って、網羅性を阻害するような気がします。








短答に特化した勉強について。


一番重要なのは網羅性です。

一部を特化させるような勉強ではなく、
全ての平均的な問題を必ず解けるようにする。


短答対策答練や模擬試験で、
ひねくりかえった問題が出てきますが、
完全に無視です。


短答に出る問題というのは、
基本的な問題と形が変わっただけの基本的な問題がほとんどです。

短答にもムズイ問題が少しは出てきますが、
そんな問題は正答率3割以下なので、無視したほうが逆に時間を有効利用できるので無視しましょう。




大まかな勉強をいうと

財務と管理の計算では

個別問題をやって、
総合問題をやって、(ステップ答練もあり)
答練の問題をやっていた(主に夏の計算猛特訓など)


財務と管理の理論と企業法と監査論では
テキストを読んで、(電車の中でも読む)
芦別チェックをまわしまくっていました。






財務会計について

大原がいうには個別問題を3回やれと。


僕はこれをアレンジして、
全体の5%くらいの問題は1回やった
全体の25%くらいの問題は2回やった
全体の25%くらいの問題は3回やった
全体の25%くらいの問題は4回やった
全体の10%くらいの問題は5回やった
全体の5%くらいの問題は6回やった
全体の5%くらいの問題は7回やった

短答本試験までにこんな感じでやっていました。



個別問題ごとに強弱をつけてやっています。
苦手な問題や、忘れそうな問題に対しては多めに繰り返しやる。


今回の短答本試験で出た分配可能額の個別問題は5回解いていました。

退職給付関係の問題なども、
7回くらい解いてある問題があります。




ちなみに、個別問題の解答用紙には、
解いた日付、合っていたか間違えていたかをメモしていき、
苦手そうな問題を抽出できるようにしていました。


苦手な問題をいかに多く解くか、
そして得意な問題をいかに少なく解くか
が勉強の時間配分的に重要だと思います。



財務会計の理論では、
66点中54点を取っていたのですが


僕は財務の理論の勉強ではかなり迷走しました。

大原の模擬試験でもらった山当てを参考に
AランクとBランクの法規集の基準を2回読みこみました。
効果は微妙です。

芦別チェックを何回も繰り返しました。
効果は微妙です。

テキストを何回も繰り返し読んでいました。
効果は微妙です。



・・・。

正直どれも微妙すぎて効果的なものは?です。
ただ、ほかに勉強するあてがなかったので上記のようなことをしていたわけで。。







管理会計について

ゴメンナサイ。
管理会計は本試験で惨敗しているので、
ほとんど何もいえません。

計算は財務と同じような感じでやっていました。
ただ、財務ほど時間をかけていませんでした。

理論は、芦別が役立たずでした。
かといって、有効な勉強の手段があるとも思えません。

原価管理だけ芦別を使うのが良いと思います。


僕は管理ではある程度マイナスを覚悟して、
監査と企業でマイナス分を上回るプラスを取る方針をとっていました。







監査論と企業法について

監査論と企業法は
ほぼ同じ勉強をしていました。


結構早めに思ったのですが、

監査論と企業法は相応の勉強量をぶつけてあげれば
確実に点数が取れるんじゃないかと。

8割以上を確実に手に入れられるような気がした。


ここで8割以上とれれば、

管理のマイナス分は帳消しされるし、
不安定な財務会計に対してもアドバンテージを得られる。



監査論と企業法の勉強の流れ


テキストを一通り読む込む(3,4日)





■芦別チェック1回転目

芦別チェックを1回転する(40日)

芦別チェックの回答のほうに、
・自分の答えが合っていたら○
・間違っていたら×
・あやふやだったら△

をつけていく。

監査の黄色い冊子やポケット六法に線を引いていく。
芦別チェックの回答のほうにメモ書きをする。
(この線を引く作業やメモ書きはそれほど役に立たない





テキストを一通り読む込む(3,4日)





■芦別チェック2回転目

芦別チェックを1回転する(25日)

芦別チェックの回答のほうに、
・自分の答えが合っていたら○
・間違っていたら×
・あやふやだったら△

をつけていく。

9割がた正解する自信がある問題の場合は、
問題のほうへ‘0’をマークする。

芦別の問題数3000問くらい→残り2000問





テキストを一通り読む込む(3,4日)





■芦別チェック3回転目

‘0’がマークされている問題を無視して、
芦別チェックを1回転する(15日)

芦別チェックの回答のほうに、
・自分の答えが合っていたら○
・間違っていたら×
・あやふやだったら△

をつけていく。

9割がた正解する自信がある問題の場合は、
問題のほうへ‘1’をマークする。


ここまでで監査論と企業法は7割前後は取れるようになっています。

次の一手が8割を超えさせる。

間違い&関連ノートを作る。


3回転目でも怪しい問題、間違えた問題は、
カナリ危険な問題です。

特に○を×と答えたりしているような問題。
これ一つだけで答えがひっくり返されます。



間違えた問題、怪しい問題を他の問題と関連付けながらノートを作りこんでいきます。

文章を上からずらずら書き連ねるのではなく、

マップを作る感じで相互に関連させながらノートを作っていきます。


正直このマップ、数万円払ってでもほしい代物です。

ないものだから、
自分でコツコツ作りこんでいったのが下のノート。




う・・、あまりにも見づらいので、
拡大してみた。





あっ、無駄っぽい。
新しいデジカメ買わないと・・。


こんなノートが企業法で14ページ、
監査論で10ページ作りました。
(ちなみに管理は6ページ、財務は8ページ)


イメージ的には、
一つの苦手な論点から複数の苦手な論点へと派生させていく感じ。

頭のいい人は、理路整然としたマップを作れそうですが、
僕のマップはスパゲティーのような暗号ノートになりましたとさ。



芦別の問題数2000問くらい→残り1000問






テキストを一通り読む込む(2,3日)
間違い&関連ノートを読む込む(3,4時間)





■芦別チェック4回転目

‘0’と‘1’がマークされている問題を無視して、
芦別チェックを1回転する(10日)

芦別チェックの回答のほうに、
・自分の答えが合っていたら○
・間違っていたら×
・あやふやだったら△

をつけていく。

9割がた正解する自信がある問題の場合は、
問題のほうへ‘2’をマークする。

間違い&関連ノートに追記する。


芦別の問題数1000問くらい→残り400問





テキストをざーと読む(2日)
間違い&関連ノートを読む込む(3,4時間)






■芦別チェック5回転目

‘0’と‘1’と‘2’がマークされている問題を無視して、
芦別チェックを1回転する(4日)

芦別チェックの回答のほうに、
・自分の答えが合っていたら○
・間違っていたら×
・あやふやだったら△

をつけていく。

9割がた正解する自信がある問題の場合は、
問題のほうへ‘3’をマークする。

間違い&関連ノートに追記する。


芦別の問題数400問くらい→残り150問

電話で各科目の先生へ質問しまくる。





間違い&関連ノートを読む込む(3,4時間)



ここでタイムアップ。
短答本試験に突入した。



本当なら最後に芦別チェックを一通りやりたかったのですが、
時間がなかった。













えーと、
短答本試験の勉強は基本的に以上です。




安全策を重視したため、
僕の勉強は効率的な勉強ではなかったかもしれない。


本試験を受けて結果が出るまでは
自分が正しい勉強方法で勉強しているかどうかなんてわからないんです。

たぶん誰もわからないと思うよ。


できるだけ、安全そうな道を探しつつ、
何を勉強するのかを取捨選択をし、

自分に合った戦い方で、
かつ本試験に合った戦い方で挑む。



勉強方法って言うのは、
人それぞれだと思う。



1つのサンプルとして参考にしてくれたらと思います。

日商簿記3級を取るのにお勧めのテキストと問題集
最新の日商簿記3級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記2級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記1級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の短答式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の論文式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)

コメント:2

大原のfuckman 2010年9月17日

公認会計士、短答式本試験のための勉強方法

確かに財務と管理の勉強って難しいですね。
企業法と監査論はやはりやった量と間違いノート等での復習がひつようですね。
どれも参考になります。

Johnf2 2016年6月5日

Keep working ,impressive job! eddcfdbaecff

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:2

この記事のトラックバック URL
http://kouninkaikeishi.net/%e7%9f%ad%e7%ad%94%e5%bc%8f%e6%9c%ac%e8%a9%a6%e9%a8%93%e3%81%ae%e5%8b%89%e5%bc%b7%e6%96%b9%e6%b3%95/trackback
トラックバックの送信元リスト
公認会計士、短答式本試験のための勉強方法 - ゼロから始める公認会計士への道 より
pingback - 企業法の短答式と論文式の勉強方法 - ゼロから始める公認会計士への道 より 2010年10月27日

[…] カと 知識を詰め込んでいくという勉強方法になります。 具体的には、公認会計士、短答式本試験のための勉強方法に書いてあります。 企業法の短答式の問題は、 4択なのですが、 そ […]

pingback - 監査論の短答式と論文式の勉強方法 - ゼロから始める公認会計士への道 より 2010年10月27日

[…] 答まで3ヶ月を切った頃の勉強方法についての詳しくは、 具体的には、公認会計士、短答式本試験のための勉強方法に書いてありますので参考にしてみてください。 監査論の論文式本 […]

ホーム > 会計士試験の各科目攻略法 > 公認会計士、短答式本試験のための勉強方法

メタ情報

ページの上部に戻る