ホーム > いろいろ(特になし) > 始めるにあたって、社会人に必要なのは350万円!?

始めるにあたって、社会人に必要なのは350万円!?

先立つものはお金です。
お金、お金、お金なんだよ!

お金がないうちに、夢なんて語るんじゃ、なーーーい! (別に語ってもいいけど、口ばっかになっちゃうよ)

公認会計士の資格を取るのに初めに対処すべきは、公認会計士の資格に合格するまでにかかるお金です。 お金がなければ、生活できません、資格の学校行けません、勉強できません。

実際にかかるお金、社会人の場合は最低でも350万円は計上しておく必要があります。



まず、手付金として70万円の講座受講料
1年半の生活費、12万円×18ヶ月=216万円

交通費5000円×18ヶ月=9万円

その他もろもろ、30万円


合計で350万円は勘定に入れておきましょう。
それも、1年半という一発合格の最短記録です。
(費用が増えることがあっても、減ることはないよ!)


もっとも確率が高くて恐れることは、
1年半(一発合格)じゃ受からない場合。

公認会計士に受かる人は、
おそらく平均3.5年間くらいかかっている気がします。



1年半で受かる人は、楽観的に見ても勉強している人の2割。
普通の人(僕みたいな)が、みんなと同じように勉強すると1年半じゃ受からない。

普通の人以上に勉強する、たぶん人より1.3倍くらい勉強すれば・・・
いやわからない。

僕の場合、勉強時間を増やせば増やすほど、
成績はよくなる。

ただ、公認会計士の場合、僕の常識が通用するかわからない。




勉強時間はおいておいて、最大のボトルネックは生活費です。
1ヶ月少なくとも12万円かかるとして1年半、合計216万円。


その間バイトで生活費の一部を稼ぐとしても、
1日10時間勉強する人が、どれだけバイトができるのか?

勉強の合間にバイトすることになるから、
月6万円くらいが限界だと思います。


そうするとバイトをするにしても最初に用意すべきお金は200万円。


・・・。


すっげー、大金ですぜ。





バイトをすることを前提にしても、
スタート時に持っておくべきお金は200万円。

バイトなしだと、350万円。


普通の会社で働いていた人の場合、
失業保険とか給付金(給付金は微妙)とかがありそうだから、
バイトなしでも200万円くらいあれば何とかなりそうです。



そのお金がない場合は、お金がたまるまでは黙って働いていようね!
独学で簿記3級とか2級とかの勉強をしながらお金が貯まるまで待っていましょう。


勉強しているときに、お金の心配が加わると、
とてつもないストレスが押し寄せますよ。


手付金として70万円の講座受講料分の貯金をしてから考えましょう。
分割したところで・・・、お金が続かないですよ・・・。




妄想を語る前に、
まずは、お金です!

日商簿記3級を取るのにお勧めのテキストと問題集
最新の日商簿記3級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記2級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記1級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の短答式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の論文式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://kouninkaikeishi.net/%e7%a4%be%e4%bc%9a%e4%ba%ba%e3%81%af350%e4%b8%87%e5%86%86/trackback
トラックバックの送信元リスト
始めるにあたって、社会人に必要なのは350万円!? - ゼロから始める公認会計士への道 より

ホーム > いろいろ(特になし) > 始めるにあたって、社会人に必要なのは350万円!?

メタ情報

ページの上部に戻る