ホーム > 会計士試験の各科目攻略法 > 選択式、経営学の勉強方法

選択式、経営学の勉強方法

選択式、経営学の勉強方法を載せておきます。


経営学のステータス
短答:なし
論文:あり 100点(全科目あわせると700点配点) 時間120分

概要:経営全般に関すること。


論文式試験では選択科目が1つあります。

経営学、経済学、統計学、民法


こうのち1つを取るのですが、
大多数の受験者は勉強時間が比較的少ない経営学を取ります。


僕も特に取りたい科目はなかったので、
経営学を取っておきました。

で、経営学ですが、
12月短答の2ヶ月前からは授業をサボりました。


正直、邪魔でしかたなかったです。

12月短答は勉強のスケジュール的にも厳しいのに、
経営学の勉強をしたからといって12月短答にはまったく意味がありません。

ということで、サボりました。

で、12月短答が終わってから、
無料の音声データを聞いて授業を受けていました。


予備校のカリキュラムは
受験生のために作られているわけではないので、
この辺のところを自分で判断しちゃいましょう。

特に、12月短答前の経営学と租税法は、
百害あって一利なしです。



そういうこともあって、
経営学の勉強は12月短答が終わってからやり始めました。

といっても、経営学って勉強することがあまりありません。


テキストを読み込む(4回くらい)
問題集を繰り返し解く(3回くらい)
答練を繰り返し解く(2回くらい)
過去問を解く(1回)


このくらいやると、
やることがなくなります。

経営学は他の科目よりもかなり勉強時間が少ない科目です。


そして実際の本試験では、
今までに見たこともないものが頻出するのが経営学です。

理論問題と計算問題がありますが、
理論問題は、2行程度を書けばいい問題が大多数なので、それほど時間を使いません。

見たことない理論問題が出てきたら、受験生の9割以上はわかりません。


計算問題も同じように、
受験生にとってわかる問題とわからない問題がはっきり分かれるようになっています。


経営学は実のところ範囲の広い科目ですが、
費用対効果から受験生のほとんどは一定の範囲のみを勉強しています。

なので、ある程度勉強したら
見切りをつけちゃっても良い科目です。

日商簿記3級を取るのにお勧めのテキストと問題集
最新の日商簿記3級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記2級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記1級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の短答式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の論文式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://kouninkaikeishi.net/%e7%b5%8c%e5%96%b6%e5%ad%a6/trackback
トラックバックの送信元リスト
選択式、経営学の勉強方法 - ゼロから始める公認会計士への道 より

ホーム > 会計士試験の各科目攻略法 > 選択式、経営学の勉強方法

メタ情報

ページの上部に戻る