ホーム > 勉強の歴史5 > File.045 論文式本試験、3日間の私闘(1日目)

File.045 論文式本試験、3日間の私闘(1日目)

今更ですが、
2010年8月20日、21日、22日にあった公認会計士論文式試験の様子を書き残します。

全て一言でまとめてしまうと、
3日間ずっと逃げ出したかった。

ここ連続して辛いだの大変だのという泣き言を書いていますが、
いやほんと、それしかないですよ。

ということで、今回も、
つらいつらいエントリーなのです。

幸せを探したい人は、
幸せのホームページさんにでもいきましょう。

幸せ?
そんなもんしったことじゃないよ!
という人は、続きをどうぞ。


ということで
論文式試験初日の8月20日の朝が来た。


気持ち悪い。
起きたくない。


出だしから、こんな陰鬱な感じだった。

食欲がなかった、
でも何か少し食べた記憶がある。

試験会場は早稲田キャンパスだ。

そこまで大体1時間+徒歩20分。

8時ちょっとすぎに家を出た。
荷物は比較的軽め。


第一日目のテストは監査と租税。

A4用紙にまとめたノートと、
理論のテキストなどを鞄に入れて、
試験会場へ向かう。

荷物は比較的軽め。

早稲田駅に到着。



早稲田駅からだと、
試験会場の早稲田キャンパスまで徒歩20分の距離がある。

バスだと5分くらいでいけるけど、
少しでも車酔いが出るのがいやで歩いていくことにする。

それに、歩いているうちに、
脳が活性化され、気分も少しは良くなるのではないかと。


暑かった。

途中で、
ウィダーインゼリーを買った。

それを弱々しく吸いながら、
ジリジリと日差しにいたぶられながら、
トボトボ歩いていく。


逃げ出したかった。
ここで逃げたらどうだろう?

ここで家に引き返して寝てしまえば、
どんなにステキなことなんだろう。






そして道に迷った。


といっても、
早稲田キャンパスにはついたけど、
入り口がよくわからなかくてウロウロしていたというだけ。

結局、
人気のない入り口から早稲田キャンパスに入っていった。


そのころ友達が、
手紙を携えて普通の入り口で待っていた。。


そんなこととは知らずに、
教室へ向かった。
(後日、その手紙をもらった、そしてお守り化した)


広い机だといいなーと思い教室へ入ってみると、

クソ食らえだった。


イスに背もたれがなかった、
長椅子だった。

そして狭かった。


戦前の机と椅子をを使ってる、
それが早稲田クオリティ



誰か友達はいないかと見渡してみた。
そこに友達、さわやかさんが入ってきた。

すでに気力がなかった僕は、
特に声をかけずに、
監査のテキストをペラペラめくることに。


さわやかさんは、
僕の存在にまったく気づいていなかった。

僕は陰の薄さでは定評があります。
シャドーマスター。



着席時間になり、
試験官が何やら説明しだすんだけど、
この試験官、無能。

あれ、最近、悪口が多くなってきているような・・・。

というか、この試験官、
毎回言うことが違うし、
やたらとちる。

しかも時刻合わせしていない時計を使ってやがる。

というか、
毎回、試験の開始時間がずれる、
意味わからない。


ただでさえ、
ピリピリしているのに、
無能が試験官をやっていると、
イライラしてイライラして。

さわやかさんでさえ、
この無能どもにいらついていました。



監査論の試験開始2分前

オレはやれるやれるやれるやれるやれるやれるやれるやれるやれる
オレならできるできるできるできるできるできるできるできるできる

頭の中で念じてた。
気分は気違い。


試験開始!

出ると予想される筆頭は内部統制監査
出ないと予想される筆頭は継続企業の前提
おそらくでないとされるのに四半期レビュー


で、ふたを開けてみると、

内部統制監査、まったく出ていなかった。
継続企業の前提、直撃で出た。
四半期レビュー、普通に出た。


見た瞬間、あれ・・・?
と思ったよ。


四半期レビューの結論なんて、
3回、結論を書き換えたよ。

とにかく埋めて監査論を終えた。


休憩時間

外に出て、
残っていたウィダーインゼリーを吸って、
おにぎりを一つ食べて、
水を少し飲んだ。


少し離れたところに、
僕の友達、社会人ゼータガンダムさんが歩いていた。

話しかける気力は、
当然のごとくなかったので、
彼のぼーとしながら歩く姿を見送った。




午後、租税法の試験開始

租税法はまず計算問題をやって理論問題をやる。

計算問題。
租税法の計算は微妙に得意だったけど、
みたことないパターンがわんさと出てきた。

意味わからない。
とにかく予想されうるやりかたで解くしかなかった。

理論問題。
前半の問題はわりとベーシックな問題だった。
が、後半。

どうしていいのかわからない。
ストックオプションの理論問題。

結論がわかならい、条文がわからない。
何がなんだかわからない。


租税法終了。。



そして、
さわやかさんと一緒に大原へ戻ってカツ食べながら問題を出しあいっこした。



そんなこんなで一日目が終了した。

日商簿記3級を取るのにお勧めのテキストと問題集
最新の日商簿記3級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記2級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記1級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の短答式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の論文式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)

コメント:2

smb 2010年9月25日

まだ続くんだ...

匿名 2010年9月27日

さわやかさん・・・
誰でしたっけ

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://kouninkaikeishi.net/%e8%ab%96%e6%96%87%e5%bc%8f%e6%9c%ac%e8%a9%a6%e9%a8%931%e6%97%a5%e7%9b%ae/trackback
トラックバックの送信元リスト
File.045 論文式本試験、3日間の私闘(1日目) - ゼロから始める公認会計士への道 より

ホーム > 勉強の歴史5 > File.045 論文式本試験、3日間の私闘(1日目)

メタ情報

ページの上部に戻る