ホーム > 簿記3級の合格講座(途中) > [ステップ3] 貸借対照表の簡単な具体例

[ステップ3] 貸借対照表の簡単な具体例

実際に貸借対照表の中に具体的な数字を入れてみると・・・

現金(資産)が40万円、土地(資産)が60万円、借入金(負債)が20万円あるときの貸借対照表



現金 40万円
土地 60万円
借入金 20万円
純資産 80万円



貸借対照表の簡単な具体例

現金 40万円
土地 60万円
借入金 20万円
純資産 80万円



左の欄の数字を合わせると100万円、

右の2つ欄の数字を合わせると100万円。



左と右の数字は常に一致します。



これを貸借一致といいます。



簿記の世界は、常に貸借一致で成り立っています。







えっと、じゃぁ現金が10万円増えたらどうなる?



その場合、借入金が10万円増えているか、土地を10万円売っていたり、純資産が10万円増えていたり、etc.



現金だけが増えることはありません。

ほかの何かが同じ分だけ増えたり減ったりします。





具体例でいうと

例1:現金10万円を銀行から借りる



仕訳で例えると、

(左) 現金 10万円 / (右) 借入金 10万円



現金が10万円増えて、借入金が10万円増える

みたいな感じに仕訳を切ります。



貸借対照表 例1「10万円借りる」

現金 40万円
土地 60万円
借入金 20万円
純資産 80万円

↓ (左) 現金 10万円 / (右) 借入金 10万円



現金 50万円
土地 60万円
借入金 30万円
純資産 80万円









他の具体例でだと、、

例2:土地の6分の1(10万円分)を現金10万円で売る



この場合の仕訳は、

(左) 現金 10万円 / (右) 土地 10万円



現金が10万円増えて、土地が10万円減る



借入金のときは借入金が10万円増えるけど、

土地の場合は10万円減る



仕訳の時は、土地も借入金も同じ右側に書いたのにもかかわらずです、土地は減って、借入金は増えます。





この違いを言葉で説明するのは少し難しいので、

上の貸借対照表の例1と例2を見比べてちょっと考えてみてください。





貸借対照表 例2「土地を10万円分だけ売る」

現金 40万円
土地 60万円
借入金 20万円
純資産 80万円

↓ (左) 現金 10万円 / (右) 土地 10万円



現金 50万円
土地 50万円
借入金 20万円
純資産 80万円









もう少し詳しく取引ごとの貸借対照表の変動を説明すると。。








資産項目と負債項目との取引の場合、

両方増えるか、両方減るかのどちらかになります。





現金(資産項目)と借入金(負債項目)が増える取引



資産項目A ×××円 / 負債項目 ×××円
 ↓ 
現金10万円 / 借入金10万円







資産項目同士での取引の場合、

どっちかが増えたら、どっちかが減ります。



現金(資産項目)が増えて、土地(資産項目)が減る取引



資産項目A ×××円 / 資産項目B ×××円
 ↓ 
現金10万円 / 土地10万円









他にもたくさん組み合わせがあるんですが、

貸借対照表の基本的なルールは以上です。



仕訳の勉強をしながら組み合わせを勉強していく感じになります。

日商簿記3級を取るのにお勧めのテキストと問題集
最新の日商簿記3級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記2級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記1級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の短答式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の論文式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://kouninkaikeishi.net/%e8%b2%b8%e5%80%9f%e5%af%be%e7%85%a7%e8%a1%a8%e3%81%ae%e5%85%b7%e4%bd%93%e4%be%8b/trackback
トラックバックの送信元リスト
[ステップ3] 貸借対照表の簡単な具体例 - ゼロから始める公認会計士への道 より

ホーム > 簿記3級の合格講座(途中) > [ステップ3] 貸借対照表の簡単な具体例

メタ情報

ページの上部に戻る