ホーム > 勉強全般について > 資格の大原の勉強方法

資格の大原の勉強方法

2年間、毎日5~10時間の勉強をして、合格率は13%。
それが、公認会計士の試験です。

勉強をすれば受かる試験ではないことが確実です。
何かしらソリッドな勉強方法を確立しないと、2年では合格できない。

ここでは、参考までに資格の大原の勉強方法を載せておきます。
たぶん、これが公認会計士の試験の一般的な勉強方法だと思います。



全ての科目を広く浅く勉強する。
会計学は6割、他の科目は4割くらい取れるようにする。

それができたら、全ての科目が6割くらい取れるようにする。
苦手科目をなくし、全ての科目で6割とれるようにするのが重要。

そして正答率が50%以上の問題を取りこぼさなければ受かる。




レクチャーは絶対休まず、能動的に聞き、イメージを捕らえ、その日のうちに復習する。
答練(答案練習)は必ず受ける、結果に一喜一憂せず、復習で基本に戻る。

理論を暗記ではなく、理解し関連性を重視する。

忘れることを前提に勉強する。
間単に表現し、ポイントをつかむ→余白に書く(復習する)



1日何時間の勉強をするのではなく、
1日で勉強する範囲を決めて取り掛かる。






おそらく、この勉強方法が王道。
王道を極める勉強スタイルが重要だと思う。

それにしても、
忘れることを前提に勉強するのってすごいよね。




合格への意欲ですが、
僕の中で、かなり悲観論が闊歩しています。

2年で勝てる見込みが、いいとこ五分五分。
じゃぁ、3年を見ておけば? とかは僕はできないんです。

2年で失敗した場合、
僕の場合3年目は非常に厳しい事態に追い込まれるのだよ。





ちなみに、この勉強方法は、
大原のオリエンテーションの時に言っていたことです。
オリエンテーション参加者、僕を入れて2人!

オリエンテーションに参加しながら、
採算を計算をしていたのは僕だけ?
(編入という形になるので、実際のクラスには生徒がもっといるのだろうけど)

日商簿記3級を取るのにお勧めのテキストと問題集
最新の日商簿記3級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記2級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記1級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の短答式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の論文式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://kouninkaikeishi.net/%e8%b3%87%e6%a0%bc%e3%81%ae%e5%a4%a7%e5%8e%9f%e3%81%ae%e5%8b%89%e5%bc%b7%e6%96%b9%e6%b3%95/trackback
トラックバックの送信元リスト
資格の大原の勉強方法 - ゼロから始める公認会計士への道 より

ホーム > 勉強全般について > 資格の大原の勉強方法

メタ情報

ページの上部に戻る