ホーム > 学校選び > 独学ではムリ、どの資格の学校に通えば良いのやら・・?

独学ではムリ、どの資格の学校に通えば良いのやら・・?

端的に言って、公認会計士は独学ではムリです!

その理由の第一に、公認会計士の試験は、みんなが正解する問題を落とさないことが最も重要なためです。
みんなが解けない問題は、解けなくても大丈夫な試験なんです。



公認会計士の試験を受けるほとんどの人が、資格の学校に通って勉強しています。
その人たちが解ける問題を解けるようにするのが大切です。

自分ひとりで勉強していると、どの問題が重要で、どの問題は無視していいのか、その傾向をつかむことができないんです。 それゆえに勉強自体が非効率になってしまい、余計に時間がかかってしまいます。

通常、3000時間は必要といわれる公認会計士の勉強時間ですが、その勉強方法が非効率なものとなった場合、勉強時間の増加が眼も当てられません・・・。 独学での公認会計士の勉強は、地図を持たずに大迷路に飛び込むようなものです。


それゆえに、公認会計士の勉強は独学ではなく、資格の学校へいくのが絶対有利、ほとんど必要条件と化しています。



じゃぁ、どこの学校へ行けばいいのかというと・・


わかりません!
わからないんです!


資料請求をして、学校選びをしているのですが、
どの学校も、一発合格やら教材に自信あり、質問しやすい環境とか、講師陣が充実しているとか、どこも似たようなことを書きやがってくれて、どこの学校がいいのかさっぱりわからないんですね。

ネットで情報を探しても、
どこの工作員が書いたのやら・・・?
と思えるような情報ばかり!


今、選択肢にあるのは、
TACと大原簿記です。

理由はひとつだけ。
その2つの学校の受講生が多いから。

公認会計士の受講生が多ければ多いほど、その学校からの受験生が多いわけで、そこで勉強すれば、みんなが正解する問題を落とさない確率が高くなるからと踏んだからです。



数多くの学校から、TACと大原簿記を選んだ理由は受講生の人数が多いという理由だけ。


じゃぁ、TACと大原簿記、
どっちの学校を選べばいいのかというと、

・学校の自習室が争奪戦になるのかどうか?
・質問できる環境かどうか?(教室の人数等)
・その学校の合格率、途中であきらめる人数


上の3つを総合的に判断して決めることにしました。


で、その3つの判断材料ですが、
パンフレットになんて載ってません。


ということで、
直接学校へ行って聞いてこようかと思います。

そのときについてに、
敵対する学校についても聞いちゃおうと思います!

TACの人に大原簿記についての評価を
大原簿記の人にTACについての評価を


えへへ、何か楽しみ。

日商簿記3級を取るのにお勧めのテキストと問題集
最新の日商簿記3級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記2級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記1級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の短答式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の論文式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://kouninkaikeishi.net/%e8%b3%87%e6%a0%bc%e3%81%ae%e5%ad%a6%e6%a0%a1/trackback
トラックバックの送信元リスト
独学ではムリ、どの資格の学校に通えば良いのやら・・? - ゼロから始める公認会計士への道 より

ホーム > 学校選び > 独学ではムリ、どの資格の学校に通えば良いのやら・・?

メタ情報

ページの上部に戻る