ホーム > 日商簿記3級 > 簿記3級の合格講座(途中)

簿記3級の合格講座(途中)のアーカイブ

[ステップ1] 簿記の目的、超大雑把な流れ

このサイトで、日商簿記3級に合格させちゃいます。

僕が簿記を勉強し始めたころ不満に思っていた市販のテキストよりも、
わかりやすく、そして簡単に教えちゃいます。(と思う


それでは、とりあえず簿記の目的から。

簿記の目的は日々の取引(売り上げとか)を記録し、
1年分の取引を集計して今年はいくら儲かったのかを把握することにあります。

続きを読む

[ステップ2] 貸借対照表 – 財産と借金を表にしたもの

今回は貸借対照表についてを勉強します。
たいしゃくたいしょうひょう、B/S(ビーエス)、Balance Sheet(バランスシート)、
呼び名はたくさんあります。

簿記の勉強といえば、
普通は売上とか仕入とかの仕訳から勉強するんだけど、

仕訳のゴールである損益計算書と貸借対照表を知っていたほうが、
仕訳の勉強もわかりやすくなります。


ということで、まずは財産と借金を表にした貸借対照表の説明から。


続きを読む

[ステップ3] 貸借対照表の簡単な具体例

実際に貸借対照表の中に具体的な数字を入れてみると・・・

現金(資産)が40万円、土地(資産)が60万円、借入金(負債)が20万円あるときの貸借対照表



現金 40万円
土地 60万円
借入金 20万円
純資産 80万円
続きを読む

[ステップ4] 損益計算書 – いくら儲けたか計算する

今回は会社が1年間でいくら儲けているかを計算するための計算書を紹介します。



前回の貸借対照表と今回の損益計算書を作ることが、簿記3級また簿記2級の最終ゴールになります。



さっそく、いくら儲けているかを計算している損益計算書の概略から。



続きを読む

ホーム > 日商簿記3級 > 簿記3級の合格講座(途中)

メタ情報

ページの上部に戻る