ホーム > 日商簿記1級 > Day1 会計学の基礎

Day1 会計学の基礎

簿記1級の勉強スタートです。
テキストと問題集には、簿記2級の時にもお世話になった、サクッとうかるシリーズの日商1級版を使います。

商業簿記1級が21日、工業簿記1級が21日で合計42日分あります。




簿記1級の計画図

勉強期間:7ヶ月
勉強時間:1日平均1時間半



簿記1級ですが、実のところ僕にとって最優先事項ではなかったりします。

最優先事項は、公認会計士の試験の一発合格です!
簿記1級は、その行きがけの駄賃にとっておくみたいな。

公認会計士の勉強のついでに簿記1級の勉強をちょこちょこやっていく、
そんな感じです。

公認会計士の勉強範囲の中に、
簿記1級が含まれているので、まぁ、そんな感じになるわけです。


このサイトでは、簿記1級について書いていきます。
公認会計士の勉強については、ゼロから始める公認会計士への道に書いていきます。




先は長いけど、
こつこつがんばっていきましょう!へむ。



Day1で勉強した内容

会計学、連結決算、財務諸表

企業会計 → 財務会計、管理会計
制度会計 → 会社法会計、金融商品取引法会計、税務会計
企業会計原則 → 一般原則、損益計算書原則、貸借対照表原則

会計公準 → 企業実体の公準、継続企業の公準、貨幣的評価の公準

企業会計原則の一般原則 → 真実性の原則(相対的真実)、正規の簿記の原則(網羅性、検証可能性、秩序性)、資本取引・損益取引区分の原則、明瞭性の原則、継続性の原則、保守主義の原則(過度の保守主義の禁止)、単一性の原則(+重要性の原則)

企業会計原則の貸借対照表原則
正常営業循環基準、一年基準、流動性配列法、固定性配列法、総額主義の原則




勉強期間7ヶ月ということは210日間。


1日3時間で42日間かかるテキストと問題集を使っているから、
1日1時間半だと、テキストと問題集だけで80日くらいかかる。

問題集を二度やるから、+40日ほど追加して、
トータルで120日。

残り90日間を使って過去問を解き続ける、そんな感じいこー。

日商簿記3級を取るのにお勧めのテキストと問題集
最新の日商簿記3級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記2級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記1級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の短答式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の論文式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)

コメント:0

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://kouninkaikeishi.net/day1-%e4%bc%9a%e8%a8%88%e5%ad%a6%e3%81%ae%e5%9f%ba%e7%a4%8e/trackback
トラックバックの送信元リスト
Day1 会計学の基礎 - ゼロから始める公認会計士への道 より

ホーム > 日商簿記1級 > Day1 会計学の基礎

メタ情報

ページの上部に戻る