ホーム > 学校選び > TACの個別受講相談

TACの個別受講相談

渋谷にある大原簿記で公認会計士の講座の受講相談をして、
その後、その足でTACへ行って受講相談を受けてきました。(両方とも渋谷校)



大原簿記からそれほど遠くない距離(徒歩6分くらい?)にTACがあります。

まず、そのTACの建物ですが、

大きいです。
キレイです。
立派です。


大原と比べると10倍くらい差があるんじゃないかな?
それに雰囲気も明るく、キレイだし。

一方、大原は雑居ビルっぽい・・・。

TACは金持ってるなー、
と思いつつビルの中へ。



受付も広いです。
その受付で公認会計士の個別相談をしたいんですがー、

といって、いろいろ説明してもらうことに。

ちなみに事前に予約しようと思ったんだけど、
探してみたけど個別相談の予約というのないっぽいです。
(何時から何時までの間、予約なしで個別相談受け付けますみたい感じ)



受付の横にあるブースに案内され、
まずはお決まりのアンケートを記載することに。

大原と違って、お茶もボールペンのプレゼントもありません。
まぁ、どうでもいいことなんだけどね。


アンケートを書き終えて、
個別相談の担当者が登場・・・、

と思いきや、受付のお姉さん?がそのまま出てきた?
そして、おもむろに公認会計士について説明しだしました。



そんな本に書いてあるような説明なんて受けてもしかたないから、
5秒で無視して、自分が用意した質問リストを出して、質問を開始しました。



ていうかさ、
大原簿記の場合、公認会計士のクラスを担当している人が出てきたんだけど、
TACの場合、素人に毛が生えたようなのが出てきた。。


おそらく、TACで出てきた相談員は下記のいずれかに当てはまる

・マニュアルを覚えただけのアルバイト
・マニュアルを覚えただけの派遣社員
・公認会計士の勉強をしているアルバイト(勉強暦3ヶ月)





とりあえず、質問とその回答を載せておきます。




Q.自習室は争奪戦になるのでしょうか?

A.時間帯によります。
午後6時くらいになると自習室が込み合ってきます。


僕フォロー
大原簿記と同じような感じ。




Q.質問はしやすい環境にありますか? また、1クラスの人数は?

A.テストが近づくと、毎日質問を受け付けています。 テストが近くにないときは、週に1,2回、質問を受け付けています。 1クラスの人数は始めは30人くらい。2,3ヵ月後になると、複数のクラスが合わさるので100人を超えるくらいにはなります。


僕フォロー
大原簿記の場合、テストにかかわらず、毎日質問に答える人が常駐しているとのこと。 TACの場合、テスト期間は質問を受け付けるけど、それ以外の期間は、質問があっても質問しにくい環境にあるといえます。 2,3ヶ月で1クラスの人数が100人超になることから、更に質問をするのが難しい環境であると予想されます。




Q.TACの合格率はどのくらいですか?

A.教えられません。


僕フォロー
公正取引委員会からうさんくさい合格率を出してはいけないと勧告を受けているので、合格率をパンフレットに載せることが出来なくなった、との一点張り。 大原の人の場合、非公式だけど、2,3割くらいだと教えてくれたのですが(信憑性は低い)、TACの場合、うやむやな返答ばかりで答えが出てきません。 TACで公認会計士の勉強をしている人は、1万人くらいいるそうですが、今年1320人受かったこと(その内2年で合格した人は226人)から考えると、TACの場合、2年で受かる人は10%~15%くらいだと予想されます。 あと、講座の途中であきらめる人が、3割くらいいるそうです。




Q.かなりの不況がきますけど、たとえ公認会計士の試験に受かったとしても就職できないことはありますか?

A.大手監査法人にこだわらなければ、就職に困ることはないと思います。


僕フォロー
大原も同じようなことをいっていました。 TAC(大原も含めて)は公認会計士の試験に受かってからの就職サポートみたいなことはやっていないので、まぁ就職に関してはあてにできないと思います。



Q.株主優待を使えますか?

A.使えます。


僕フォロー
TACの株主優待を使うと、受講料が10%OFF(7万円くらい割引)になります。 株主優待は、ヤフオクで1500円くらいで売っています。



Q.大原との違いは何ですか?

A.言いたくありません。


僕フォロー
相談員の言い分は、他の学校と比べるとどうしても自分の学校をほめてしまうので、他とは比べないようにしているとのこと。 そういったことは当然あるべきで、そういうのも加味して私は聞いているので、違いをいってくださいといっても、なしのつぶて。

はっきりいって、こいつ知らないだけじゃないのか? とさえ思います。 パンフレットを見ても、違いがわからない、決め手にかける、さいころを振るくらいしか手がない。 と苦い顔して泣きついてみても、しらぬ存ぜん。

どうにかこうにか聞き出そうと、かなりしつこくたずねると、ようやく大原との違いを言ってくれました。 大原さんは、心に熱いハートを持っていますが、TACはそれよりも心の奥深くに熱いハートを持っています。

・・・。

ダメだ、こいつ。






どうにかもっと情報を引き出そうとて30分程度ねばったんですが、
引き出してきた情報は基本的に以上です。



はっきりいって、TACの個別相談は最悪です。


相談員が悪いんじゃない。
こういった受付にいるような人間を相談員にする上層部がいけないんです。


TACでは、マニュアルでしか公認会計士を知らなそうな人間が、
個別相談をしています。

大原の場合、公認会計士のクラスを教えている人間が
個別相談に応じています。




この差は、天と地、月とすっぽん、歴然です。


大原の個別受講相談を受けて、
大原のことを知ることができました。


TACの個別受講相談を受けて、
時間を無駄に使うことができました。。


TACは、この個別相談でかなり損をしていると思う、
そんな個別相談。



TACの公認会計士の講座が悪いとは思えませんが、

毎年No1の合格者数を出しているうちに、
商売が殿様商売になってしまったのかな?

それにしても今回のTACでの個別相談は非常に残念な結果に終わってしまいました。

日商簿記3級を取るのにお勧めのテキストと問題集
最新の日商簿記3級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記2級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の日商簿記1級の本試験問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の短答式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)
最新の公認会計士試験の論文式本試験の問題と解答を手に入れる(無料です)

コメント:1

ロック 2010年9月17日

はじめまして!最近公認会計士の職業に興味を持っていろいろ調べていたところこのサイトに辿り着きました!
文章のおもしろい表現の仕方や予備校ごとのわかりやすい比較などとても参考になることばかりで読んでいる途中だったのですが思わず書き込みをしてしまいましたw
これから先の記事もじっくり楽しみながら読んでいきたいと思いますb

コメントフォーム
入力した情報を記憶する

トラックバック:0

この記事のトラックバック URL
http://kouninkaikeishi.net/tac%e3%81%ae%e5%80%8b%e5%88%a5%e5%8f%97%e8%ac%9b%e7%9b%b8%e8%ab%87/trackback
トラックバックの送信元リスト
TACの個別受講相談 - ゼロから始める公認会計士への道 より

ホーム > 学校選び > TACの個別受講相談

メタ情報

ページの上部に戻る